This California Life

2015年上半期に見た映画のまとめ

2015年も早いものでもう半年が過ぎましたね。せっかくなので、2015年の上半期に見た映画をちょいとまとめてみようかと思います。ちなみに、私が2015年前半に見た映画は40本でした。

どの40本かというのは先日ご紹介していた【MUBI】月額600円で日本未公開のインディペンデント/カルト映画が見放題で作ったリストをこちらからチェックできるので、どの映画か気になるという人はよかったらご覧ください。mubiのリストはきれいに表示できるのでかなり好きです!

2015moviesfirst

日本の公開スケジュールとはまったく関係なく勝手に見ているので、全く参考にならないかもしれませんが、トピックにわけておさらいしていきます。

 2015年上半期ベスト作品

これは、間違いなく「Ex Machina」です!
Ex Machina [Blu-ray]ネタばれしたくないので、一言にしておきますが、人工知能と人間はどちらが優れているのかといった作品です。監督が「28日後」や「ザ・ビーチ」の ということで、海外の映画祭でもかなりの話題となっていました。普段、そこまでサイエンスフィクションを好んで見ないのですが、ソフトバンクのロボットPepperなどもありましたし、話題的にもタイムリーですね。実際、近い将来こういうことが起きてしまうんじゃないのかと恐ろしくなりました。

日本でも今すぐ公開を希望!

Song of the Sea

SONG OF THE SEAアカデミー賞では惜しくも「ベイマックス」に敗れましたが、ぶっちゃけベイマックスよりアート作品として完成度が高かったアイルランド発アニメーション映画です。ケルトの民話をベースにしているそうで、悲しいストーリーなのですが音楽も素晴らしく、これはぜひ日本でも公開をしてほしいと思っています。

インディーズ映画のお勧め

一番好きなジャンルなので、多くなりますがこんな感じ。写真クリックでアマゾンへ飛びます!

スケルトンツインズ

スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方 [DVD]

Sponsored Links

SNL元キャストで息のぴったりのクリステン・ウィグビル・ヘダ―が過去に傷を背負った双子の兄妹を演じた作品です。コメディアンの二人ですが内容はかなりダーク。

The One I Love

ONE I LOVE

俳優としても監督としても一目おいているマーク・デュプラスの主演作品。かなり変わったラブストーリーで、見終わったあとの余韻が…人と語りたくなる作品なので、とっとと日本で公開してくれないと困ります。

Welcome To Me

WELCOME TO MEクリステン・ウィグ主演のとっても変なコメディ。私はどうやらこの手の変人が主役の映画が好きらしいのです。精神病を抱えている女性が億単位の宝くじに当選し、「自分についてひたすら話す」だけのトークショー番組をTV局に大金払って始めちゃうというものすごいストーリー。

Laggies

LAGGIES

ジャケット写真だけ見ると、なんだかかわいい女子向けの作品に見えますが、人生行き詰まったと思っているアラサーにお薦めな作品です。キーラ・ナイトレイ演じるいい年して定職にも付かず結婚もしていないこじらせ女子が偶然知り合いになった高校生(クロエ・グレース・モレッツ)の家にしばらく居候になるというもの。その高校生の父親を演じるのが、皆さん大好きなサム・ロックウェルですー。

今さらだけどこんな名作を見てみました

1973年の「地獄の逃避行」です。

地獄の逃避行 [DVD]

今ではすっかりおじいちゃんになってしまったマーティン・シーンのイケメンっぷりがヤバイです!息子のチャーリー・シーンやエミリオ・エステベスより全然かっこいいのには驚き。10代のカップルの逃亡劇なのですが、お相手はこちらも今はおばあちゃんのシシー・スペイセクです。監督はテレンス・マリックで、その後「トゥルー・ロマンス」や「ナチュラル・ボーン・キラーズ」といった映画に影響を与えたそうです!

という感じでまとめてみましたが、まったく参考にならないまとめですみません!マッドマックスとか早く見たいんですけどまだ見れてないという… 後半はもっと映画を見ないとなぁ。ここ数年年間100本に届いていないのでいい加減マズイ。これでは映画好きだと人に言えなくなってしまうレベルです。

 

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top