This California Life

ダラス・バイヤーズクラブのジャン=マルク・ヴァレ監督による2005年カナダ発ゲイ映画『C.R.A.Z.Y.』

C.R.A.Z.Y (2005)

crazy_movie_canada

Photo Credit:TVA Films

 

ストーリー

1960年12月25日に5人兄弟の4番目として生まれたザック。子供の頃は厳格な父親の一番のお気に入りだったがある日ザックがゲイであるかもしれないと知り父親の態度が変わってしまう。ザックもまた自分のセクシャリティと父親への期待に添えたいという気持ちの間で葛藤しながら20代へと成長していく…

感想

フレンチ・カナディアンとエンドロールで観るまでずーっとフランス映画だと思ってました。

そして主演のMarc-André Grondinギャスパー・ウリエルと本気で思ってた!微妙な感じで口元上げる笑い方とかハンニバルだよー!これ絶対あの子だよーって。

これでカナディアンのお気に入りは彼になりそうだわーって思ってたんだけどマイナーな映画ばっかりで出演映画も少ないし他の作品が観れるのはいつになることやらって感じです。

Sponsored Links

で、肝心の映画はというと最初はだらだらしちゃってる感があるんだけどラストになるにつれあそこまで丁寧に子供の頃を描いてたから感動できるんだなぁと納得。子供時代の子役の子すっごーーーくかわいいの!だから急に17歳(だっけ?)になっちゃったときはがっくりだったんだけどギャスパーだと信じ込んでからは目がハート状態でした(笑)

個性的な5人の兄弟達が厳格だけど人一番温かいお父さんのもとで成長していく。ドラッグにはまったり道をはずすのもいて厳しく当たるけど愛がこもっていて。家族っていいよなぁって思える映画です。

評価が高い(IMDBで8を超える作品は間違いなくおもしろい!)&受賞数の多さも納得の作品。

私がこれ見たの2007年とかですが、監督はまさかのダラス・バイヤーズクラブのジャン=マルク・ヴァレとは。また見直したい作品です。

Marc-Andre Grondin
Michel Cote
Danielle Proulx
Pierre-Luc Brillant
Emile Valle
監督:Jean-Marc Vallee

カナダ 2005年
★★★★☆
ドラマ コメディ

トロント国際映画祭:最優秀監督賞など含め合計33賞受賞、4賞ノミネート

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top