This California Life

新コメディドラマ【Friends With Better Lives】ロズウェル、ドーソン、アントラージュの懐かしい俳優陣が集合!

狙うは次なる『ママと恋に落ちるまで』

シットコムの大ヒット作といえば、Friends。それに続けと大ヒットとなったのがママと恋に落ちるまで、なんですがシットコムはなかなか大ヒットをするのが難しいのですぐに打ち切られることのほうが多いです。今まだ続いているものだと、モダン・ファミリーやビッグバン★セオリー位でしょうかね、大ヒットと呼べるものは。 なので、次なるママと恋に落ちるまでに続けと同じように男女の恋愛をテーマとしたシットコムに注目が集まっています。さっそく放送が開始したのが今回ご紹介する『Friends With Better Lives』です。FriendsのWriterが脚本を書いてるということで、そこを売りにしていますが、続くのかな… fwblposter

Sponsored Links
Photo Credit: CBS

今回取り上げたかった理由ってのが、キャスト。 同年代の海外ドラマ好きには懐かしのキャストが出ています。誰だと思いますかー?特に、高校生くらいのときに青春系の海外ドラマを見ていた人たちにはものすごくうれしい二人が出ています。

まずは、『ドーソンズクリーク』のジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク!彼は映画にも出てたり、最近終わってしまった『ママと恋に落ちるまで』でのゲスト出演や、こちらも打ち切られてはしまいましたが、本人として出ていた『23号室の小悪魔』で、あっ久々にレギュラーじゃんって思ってたくらいですからね。メインキャラとしてはほんとに久々だと思います。それにしてもすっかり田舎の高校生から大人になってしまってショックだわ。

そして、二人目が…『ロズウェル星の恋人たち』のマハンドラ・デルフィノ!わかります?マリアですよ!マリア!!私はこの海外ドラマで、きちんと一話目から最終回まで見るということをしたので、すっごく思い出に残っているドラマなんです。このドラマに出会ったおかげで、違う作品も見てみようってなって今があるので。当時はNHKで放送されているのを録画して、留学するために英語の勉強をしたものです。女性キャラではリズ派、イザベル派、マリア派と私のまわりでは別れていましたが、私は断然マリアだったので、10年以上ぶりに見たと思ったら、ママ役なんですもん。

三人目は、まぁどちらかといえば最近のドラマの『アントラージュ★オレたちのハリウッド』に出ていたケヴィン・コナリーが、マハンドラ・デルフィノの夫役で出ています。

ストーリーはというと、30代半ばの仲良しグループ。夫婦仲良くいってる人や、最近離婚した人、婚約した人、なかなかシングルから抜け出せない人など、仲良しだけどやっぱり自分の生活と比べてしまうお年頃6人の日常生活を追った話です。 評価は全く高くないので、続くかわかりませんが私は結構好きですね。女版のバーニー・スティンソンを絶対狙ってると思えるケイトのキャラや、やたらと多い下ネタで好き嫌いがはっきりしそうなシリーズではありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!

よかったらソーシャルメディアでのシェアをお願いします!

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top