This California Life

ニール・パトリック・ハリス版『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

人生観を変えた作品

今まで1000本以上の映画を見てきていますが、一番好きな作品は?と聞かれても自信を持って『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』だよ、と答えられます。もともとオフ・ブロードウェイで上演されていたものを映画化し、そのあと各国でミュージカルがまた作られ、といった形で公開されてきました。日本だと、三上博史や山本耕史、森山未來が主演を努めました。

私がはじめてヘドウィグ・アンド・アングリーインチを知ったのは、日本で劇場公開をした時になります。あの派手な映画ポスターに惹かれ、予備知識無しで見に行って度肝を抜かれたことを覚えてますねぇ。それから、LGBTの文化にも興味を持つようになったんですけどね。生みの親であるジョン・キャメロン・ミッチェルは大好きな監督の一人であり、またあれくらい人生に衝撃を与えてくれる作品を作って欲しいなーとつくづく思ってます

Sponsored Links

そして今年の春からは…

新しいヘドウィグとしてキャスティングされたのが、TV好きにはお馴染み『ママと恋に落ちるまで』のバーニー・スティンソンこと、ニール・パトリック・ハリスです。子役として小さい頃から活躍してきましたが、Gleeでもその素晴らしい歌声は披露済み。ドラマのプレイボーイ役とは逆で実生活では同性のパートナー&かわいい子どもたちに囲まれとっても素敵なパパなんですよね。

hedwig_broadway

Sponsored Links

現在、チケットが販売されていて4月からスタート。

時期的にNYに行くのは無理なのが残念。行ける方ぜひ見てきて下さい!

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top