This California Life

全部観た?ハリウッド前線で活躍するアラサー俳優達の転機となった作品集

アラサーのハリウッド俳優たち

IMG_6673

ってわけで、自分と同年代で今ではハリウッドの最前線で活躍するアラサーのハリウッド俳優たちを6人取り上げて、注目されたのはこの作品だけど、こっちの作品がなかったら今の活躍はないんじゃないかなーと個人的な勝手な判断で作品をご紹介!もし、まだ未見ってのがあったらぜひチェックしてみてくださいね!

エミリー・ブラント(31歳)

皆が彼女のことを注目し始めたのって、恐らく『プラダを着た悪魔』からではないでしょうか?ダサい女の子がどんどん洗練されてくっていうプリンセスストーリーは日本人の女の子たちの心もつかみましたからね。主演だったアン・ハザウェイは既にこのようなシンデレラストーリーは『プリンセス・ダイアリーズ』で経験済みだったので、彼女を馬鹿にしてたけど結局…となっちゃったエミリー・ブラントのほうが強烈に印象に残りました。確かにこの作品がエミリーの知名度がハリウッドで上がったきっかけにはなったのですが、それ以前にイギリスのインディーズ作品には出演済みで、特に2004年の『マイ・サマー・オブ・ラブ』ではイギリスアカデミー英国作品賞を受賞と、イギリスではすごく評価されている作品です。

ジェシー・アイゼンバーグ(30歳)

ジェシーは『ソーシャルネットワーク』がハマリ役だったこともあり、それ以前からアドベンチャーランドやゾンビランドでの活躍もあり一気にブレイクした感がありますが、2005年の『イカとクジラ』があったからこその『ソーシャルネットワーク』だと思います。親の離婚という問題に直面したティーンの少年を演じていましたが、このキャラクターの話し方や仕草などを応用させたのが『ソーシャルネットワーク』でのマーク・ザッカーバーグ役に結びついていったと思いますね。

アンドリュー・ガーフィールド(30歳)

スパイダーマンでの活躍もあり、すっかりヤングハリウッドの一人として知られるようになりましたが、彼はアメリカ生まれのイギリス育ちですからね。もともとはイギリスのTVドラマなどに出演をしていました。そして、2007年の映画デビュー作品である『Boy A』が私が一押しするアンドリュー出演作品です。幼いころわけがわからないまま犯罪を犯し、青年になって刑務所から出てくる繊細な少年を演じていました。あの頃は今より線が細く、難しい状況の主人公が本当にはまり役でした。

Sponsored Links

ライアン・ゴズリング(33歳)

カナダ出身のライアンはもともと、ディズニーチャンネルで活躍するティーンアイドルでした。今では想像も付かないですけどね。演技派として評価されていますから。そんな子役から活躍する彼の作品の中でもはずせないのが、『16歳の合衆国』です。こちらも少年犯罪もの。何を考えているかわからない難しい少年を見事に演じていましたね。

エレン・ペイジ(27歳)

レズビアンではないか?と予てからの噂を認める形となったエレン・ペイジのカミングアウトは今年の映画界の重大ニュースの一つですねー。 そんな彼女も、祖国カナダではブレイクのきっかけとなる『ハードキャンディー』や『Juno』より前にいくつかの良質な作品に出演しています。カナダのインディペンデント映画で日本未公開になりますが私の一押しは2004年の『Wilby Wonderful』です。

ズーイー・デシャネル(34歳)

『500日のサマー』ですっかり女子(男子もか)のファンを増やし、海外ドラマ『New Girl』でファッションリーダーとしても注目され続けているズーイー・デシャネル。M.Wardと組んでShe&Himでは歌手としても活躍中。私もあんな顔に生まれたかったーって思っている世間の女子は多いでしょう。そんな彼女、服のセンスからか女の子っぽいイメージがありますが、実は34歳なんですよね。なんてかわいいんだ。まぁそんなわけで2000年の『あの頃ペニー・レインと』で注目されてから、活躍してきましたが、私がぜひ見てほしいのは2005年の『Winter Passing』です。

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top