This California Life

『Hot Girls Wanted』ラシダ・ジョーンズプロデュース作品はポルノ業界のドキュメンタリー

Hot Girls Wanted (2015)

hot_girls_wanted

Sponsored Links

Netflixのドキュメンタリー作品

Netflixには質の良いドキュメンタリーが多いので、今まで紹介してきた “米国から東欧に嫁探し!メールオーダーブライドビジネスへ密着したドキュメンタリー『Love Me』“や”ソーシャルネットワークの怖さを描いた衝撃的なドキュメンタリー作品『Catfish』“もNetflixで見つけた作品です。

アメリカの裏社会というか、普段知ることのできない世界のドキュメンタリー作品を見るのが好きなのですが、この『Hot Girls Wanted』はアメリカのアマチュアポルノ業界を追ったドキュメンタリー映画。女優のラシダ・ジョーンズがプロデュースしているということで、SNSでもかなり宣伝されていました。その割には、評価はそこまで高くないのが残念ですが。

お金欲しさに集まる10代

ポルノに出演する子達ってどんな人なのだろうと誰もが思ったことはあるかと思いますが、単純ですよね、皆お金が欲しいから。日本はどうやって女の子を集めているのかは知りませんが、このドキュメンタリーではアメリカでは誰もが知っている掲示板サイト『Craigslist』でかわいい子募集中とポストをするだけでどんどん連絡がきます。Craigslistといえば、こんなドキュメンタリーも以前ありました⇒掲示板サイトで泊まる場所や食べ物を募集し一銭も持たずにアメリカ横断したドキュメンタリー『Craigslist Joe』

連絡をしてきた女の子たちは片道の航空券を払ってもらい、フロリダに集まってきます。一軒家に皆で暮らし、撮影へと出かけていく彼女たち。はじめのうちは皆、大金が簡単に手に入るし仕事もたくさん来て、このままプロのポルノスターになってカリフォルニアで暮らすのと夢を語りますが、”アマチュア”として売られていく彼女たちに仕事が来るのはせいぜい一ヶ月ほどの期間なのです。その期間を過ぎてもポルノに出演したい子たちは珍しく、アブノーマルな仕事まで受けるようになっていきます。そうでもしないと、”普通”の見た目の彼女たちに来る仕事はないのです。むしろ、そこまでして続ける子のほうが珍しく、ほとんどの子たちは精神を病んでしまい故郷へ戻ることに。

数人の子達に密着取材をしていくのですが、本当に普通の子達なんですよね。高校を卒業したばかりの子が特に印象に残っていますがテキサスの田舎に暮らす両親は娘がフロリダで何をしているかを知っても彼女をサポートしようとする姿はちょっと見ていてつらいものがありましたねぇ。

お金が欲しくてポルノに出ることには反対はしませんが、やはり周りの人たちのことを思うと、今後のことを考えたほうがいいんじゃないのとおせっかいなことを考えてしまいました。ネットに出るってことは一生残るわけですしね。きっとこの作品の目的も、そういう子たちにもうちょっと考えようよ!と思いとどませるためじゃないのでしょうか。

アメリカ 2015年
ドキュメンタリー
★★☆☆☆
IMDb

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top