This California Life

『バードマン』アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の移民へのスピーチはなぜ重要なのか

第87回アカデミー賞終了!

今年も映画ファンとしての大きな楽しみであるアカデミー賞が終わってしまいましたねー。作品賞の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』をはじめ、主演俳優賞のエディ・レッドメイン博士と彼女のセオリー)、主演女優賞のジュリアン・ムーアアリスのままで)、助演男優賞はJ.Kシモンズ(セッション)そして、助演女優賞のパトリシア・アークエット6才のボクが、大人になるまで)と良い意味でほぼサプライズなしに終わり、キレイにまとまっていたオスカーになったと思います。司会のニール・パトリック・ハリスも初っ端からから彼の才能を活かした素敵なミュージカルテイストなオープニングで見応えがありましたし。アナ・ケンドリックのPitch Perfect 2も楽しみですしね!

内容の濃い受賞者たちのスピーチ

今年のオスカーの見ものはスピーチだったと言われているくらい、内容の濃いスピーチをたくさん見ることができました。アルツハイマーにALS、自殺未遂の過去から女性の権利を訴えるなど、こちらも感動でうるうるしてくるほどの素晴らしさでした。ちょうど、こちらにまとめている映像があったのでどうぞ。

三回のスピーチをしたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

そんな中、強かった『バードマン』の監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞を見事受賞したため、最後の作品賞で壇上に上がるのはすでに3回目となっていました。

この3回目のスピーチがオスカー後にちょっとした話題となっています。

まず、作品賞を発表する際のショーン・ペンのコメントですね。『誰だよこんなやつにグリーンカード渡したのは? 』というジョークを言ってからの発表でした。グリーンカードとはアメリカの永住権のことですので、このジョークだけで誰が受賞したかアメリカ人だったら簡単に予想ができます。メキシコ出身のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥですね。でも、イギリス出身のベネディクト・カンバーバッチの『イミテーション・ゲーム』や同じくイギリスの『博士と彼女のセオリー』もノミネートされていたのに(彼らがグリーンカードを持っているかはわかりませんが)、なぜ『バードマン』だかわかるかというと、南米からの移民、特に陸続きのメキシコからの不法移民がグリーンカードを持たずに普通にアメリカで暮らしているという状況をあえてジョークにしたからです。監督もその後のコメントであのジョークは最高だったよと言っていましたし、ショーン・ペンとは21グラムでも一緒に映画を作っているのでそういう仲だからこそ言えたジョークであることは理解できます。監督も「来年からは移民は制限されるかもね」と笑いを取ってましたし。

Sponsored Links

そして、受賞時のスピーチでも監督はメキシコに住む人々に向けて『自分たちにふさわしい政府を見つけて作っていけれるように祈っている』とコメント。麻薬問題や経済低迷で知られるメキシコ政府の批判とも取れなくもないスピーチに対しメキシコのペニャニエト大統領も、国民が成功してそれを話にできるよう努力していると主張するコメントを発表。

アメリカ移民へ勇気を与えるコメント

このようなやりとりがありましたが、メキシコの人たちへのメッセージのあとに、アメリカに暮らす移民へのコメントが私の中での今年一番のベストスピーチでしたね。

The ones that live in this country, who are just part of the latest generation of immigrants in this county, I just pray they can be treated with the same dignity and respect as the ones who came before and built this incredible immigrant nation. (新しい世代の移民として暮らす人達へ。その昔この国に移り住み、素晴らしい移民から成り立つ国を作り上げた住民たちと同じように尊厳と尊敬をもって扱われるように祈っています。)

そうですよね、もともとヨーロッパからの移民によって作られた国。それなのに、現代に暮らす移民はなぜ差別されるのでしょう? もちろん、不法移民は取り締まられるべきですが、そうじゃない人たちだってたくさんいます。

こんな素晴らしいスピーチよりも注目されてしまっているショーン・ペンのジョークやメキシコの大統領のコメント…もっと色々な人に知らせて欲しいとたくさんの移民が#VivaMexicoとハッシュタグを付けてツイートをしています。

というわけで、今年の楽しみも1つ終わってしまいましたー。来年がどうなるか今から楽しみです!

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top