This California Life

日本未公開映画『Laggies』大人に成りきれないこじらせ女子は幸せになれるのか?

Laggies (ラギース)2014年 アメリカ

laggies-fb以前、新作映画予告編:クロエ・グレース・モレッツ&キーラ・ナイトレイの『Laggies』にて予告編を記事にしていた、アラサー未婚の私にぴったりの作品がやっと鑑賞出来たので改めてご紹介していきます!ちなみに、イギリスでは題名が変更になり「Say When」というタイトルで公開されていました。日本公開ではどうなるのかな。

彼からプロポーズされたけれど…

学生時代からの友人は皆結婚していたり、レストランを持つという夢を叶えたりと年齢相応の人生を歩んでいるのに関わらず一人だけ父親のすねをかじりちゃんとした仕事を今までにしたことがないこじらせ女子のメーガン。長い間付き合っている彼氏がいるし、ポロポーズまでされて指輪ももらったけれど、なぜか全然嬉しくないし、乗り気になれない。

友人の結婚式では父親の不倫現場を目撃してしまい、全てがどうでもよくなってしまい式から抜け出してウロウロしている時に、16才の少女アニカと知り合う。

laggies1それ以来会うこともないだろうと思っていたのだけれど、家を出て行った母親の代わりをしてほしいと無茶なお願いをされ、高校に迎えに行ったことから、シングルファザーと暮らすアニカの家に出入りをし始める。結婚を控えているメーガンだったが、就職セミナーに泊まりこみで一週間参加するからと嘘をつきアニカの家へ泊まりこむが、アニカの父親と酔った勢いで関係を持ってしまい…

ただのわがままか時代を反映しているのか…

婚約者がいるのにシングルファザーと…という展開は別として、周りが家庭を持ち始めているのに本人は全く結婚に焦ってもいないし、仕事も別に親の助けがあるからいいかも的な考えって多くはないかもしれないけど、実際そういう人いるのでは。

結局、メーガンの場合は欲しいものは全てあるわけですよね。彼女は結婚を望んでいるわけではないけど、面倒を見てくれる親も彼氏もいるわけで。あんなに楽な人生だったら、きっと私もまぁこのままでいいかなーと思っちゃっているかもしれない。責任が生まれる結婚生活には一歩踏み出すことができなくて、父親のように年も離れているけれど経済力もあってしっかりしている大人の男に惹かれるのも無理はないのかなぁ。

ただ、悲しいですよね。せっかく自分と結婚したいと思っていてくれる彼氏もいるのに、その彼からは逃げて友人の家ではなく知り合ったばかりの年が半分も離れたティーンの家に駆け込むなんて。そのくらい、メーガンの空っぽの心情を表しています。

では、結局メーガンは彼のもとに戻るのでしょうか?それは見てのお楽しみということで。

主演のキーラ・ナイトレイだけではなく脇役も豪華

そんなこじらせ女子メーガンを演じたキーラ・ナイトレイはハマり役でしたが、脇役もね、クロエ・グレース・モレッツサム・ロックウェルで豪華なんです!今回監督をしたリン・シェルトンの過去の作品も好きなのが多いので、もっと注目されて欲しいなーと昔から思っています。

キーラ・ナイトレイ
サム・ロックウェル
クロエ・グレース・モレッツ
監督:リン・シェルトン

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top