This California Life

Netflix2015年秋日本上陸!US版を10年使っている私なりの考え。

年明けからまたもや気になるニュースが流れていますね。アメリカだけではなく、オーストラリア、イギリス、カナダ、スウェーデンなどでも既にサービスを開始している世界最大のオンラインストーリーミングサービスのネットフリックスがついに次のターゲットとして日本が?といったものです。

※最終更新日 | 2月5日 ついに正式に2015年秋に日本上陸の発表がありました!こちらはそのニュース前にUPした記事になります。

関連記事:NetflixとBlockbusterアメリカでのオンラインDVDレンタル事情

netflix112

求人ページに日本語募集

要は求人のページに、日本語を含むアラビア語、韓国語、ベトナム語、イタリア語、ポーランド語、ハンガリー語が堪能な人を募集しているということから、次のメインターゲットはアジアということが予想されますね、といった記事でした。正式な発表があったわけでもないですし、実はこのように次は日本?と噂される記事は2012年頃からよく出回っているので、いつになるやらといったところですけどねぇ。(2012年Japan Daily Postの記事より)UIがすっかり日本語化されて日本法人もあるSpotifyすらローンチしてないですもんね。(日本上陸いつ?スポティファイ(Spotify)って何ができるの?3年前から愛用中、音楽中毒な私の使い方。

日本にNetflixが上陸した場合…

そこで、ほんとにほんとにNetflixが日本にきた場合を想像してみたんですけど、ぶっちゃけHuluとかTsutaya Discusに埋もれると思うんですよ。Spotifyが苦労しているのと同じで、結局日本で見れる映画や海外ドラマって決まっちゃっているわけですよね?ライセンスとか色々とそのへんは無知なのでわからないですが。字幕の問題とかもあるし。私がアメリカ版ネットフリックスを使い続けている理由って、日本ではまだ劇場公開されてないし、この先もDVDですらでないだろうなーっていう映画と最新の海外ドラマを見続けていたいからであり、既にTSUTAYAとかで借りれる映画とかケーブルで見れる海外ドラマは別にそっちでいいしってわけなので。

Sponsored Links

 

だから、もしも日本にきた時、世間で知られているHuluとかTSUTAYA Discusとどれだけの差別化を出来るかっていうところが大きいと思います。例えば、Netflixオリジナルのコンテンツ(ハウスオブカードやオレンジ・イズ・ニュー・ブラック、その他たくさんあるNetlifxが作っているコンテンツですね。最近はスタンドアップコメディーとかもすごく多くなってきています。)をアメリカ同時配信くらいの速さでやってもらうとか、海外ではカルト映画として知られるけどなぜか日本ではDVDすら出てないような作品をばんばん配信してくれるとか、それくらいのことはしないと難しいんじゃないでしょうかね。

netflix11223

Netflixオリジナルで検索すると出てくるドラマの一部。キリアン・マーフィのPeaky Blindersもあります。Marco Poloは最近ツイッターなどでも話題になってるのを見ました。新しいシリーズですね。

netflix1122

新作ドラマから、トワイライトゾーンなどのクラッシク、そしてThe IT CwordといったUKのドラマももちろんあります!

今だって海外生活をしたわけでもなくNetflixっていう名前を知っている日本の方々ってのは相当コアな映画・海外ドラマファンだと思うので。そういった人たちをうまくひきつけてくれるハイレベルなサービスを期待しますね。

やっぱり、好きな俳優の作品はすべて見たいし、話題になっている海外ドラマだって日本上陸なんて待ってられないわけですよ。同じように思っている人は多いと思うので、どうか日本でもがんばってレベルの高いサービスでお願いします!

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 私は今、色々な映画を、色々な方々に観て貰う為の仕事がしたく、
    朝からサーフして、Netflix.に辿り付きました。何かお手伝い出来る事が有れば御声を掛けて下さい。何でも演らさせて頂きます。
    宜しくお願い致します。

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top