This California Life

【超先取り!】2016年に配信開始予定のNetflix新作オリジナルシリーズ8選

日本ではサービスを開始させたばかりのNetflixですが、大作映画の放送権をもつEpix社との契約を打ち切り(Epixはhuluと組むことを発表)したというニュースがアメリカで話題となりました。

また、日本での映画のラインナップの少なさ(これは今後に期待)といった問題もありますが、それでもNetflixを愛用し続けている理由はオリジナルコンテンツの素晴らしさです。たとえオリジナルコンテンツしか見れなくなっても、月額払い続けるよ!といえるほど、その数はもちろんクオリティも納得できるものばかり。

今後も続々と新シリーズをリリースしていく予定ではありますが、まずは2015年後半から2016年に掛けて配信が決まっている8作品を超先取りでご紹介します!

『Master of None (マスター・オブ・ゼロ)』(2015)

aziz_netflix

Sponsored Links
11月6日(アメリカ版Netflix)に配信が予定されている『Master of None』はスタンドアップコメディアンのアジズ・アンサリによるNetflixオリジナルシリーズ。

ブラックユーモア満載の映画『ピザボーイ 史上最凶のご注文』やドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』で見たことある方もいるのでは?そんな彼が主演を努める今シリーズは、優柔不断で自分の夕飯すら決められないようなダメ男(でもニューヨークで俳優をしている)のお話です。

『Jessica Jones(ジェシカ・ジョーンズ)』 (2015)

Netflixのマーベル作品といえば既に日本でも見れる『デアデビル』がありますが、『Jessica Jones』も同じマーベルコミックを原作とした新シリーズ。スーパーヒーローモノなのでストーリーは割愛しますが、なんと主演を演じるのが個人的にめちゃくちゃかわいいと思っているクリステン・リッター!ブレイキング・バッドでもかわいかったですよねー。

共演者にはマトリックスシリーズのキャリー・アン・モス等。悪役を演じるのは、こちらも超豪華!ドクター・フーで知られる宇宙一セクシーな男ことデイヴィッド・テナントです。

『With Bob and David(ウィズ・ボブ・アンド・デイビッド』(2015)

bobanddavidブレイキング・バッドのスピンオフという括りではもったいないくらいの傑作『ベター・コール・ソウル』ボブ・オデンカークがやらかしちゃうのがこちらの新シリーズ。スケッチコメディ形式を取り、とにかく何でもありらしい… コンビを組むのはコメディアンのデイビッド・クロス

実はこの2人、90年代に『Mr. Show with Bob and David』という番組を持っていました。まさか約20年後の今、この2人を再び見ることができるなんて夢のようです!

『The Get Down(ザ・ゲット・ダウン)』(2015)

ミュージカル映画監督といえば『ムーラン・ルージュ』で名を知られるバズ・ラーマン。そんな名監督がついに、Netflixオリジナルシリーズを作っちゃいました!もちろん、こちらもミュージカル!それだけでもう傑作間違いなしですって。ほんとすごい!70年代のニューヨーク、サウス・ブロンクス。パンクロックやディスコ、ヒップホップといった音楽で自分たちを表現するツールに使っていた時代が舞台。

Sponsored Links

出演はウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスやブレイキング・バッドの麻薬王ガス役で強烈な印象を残したジャンカルロ・エスポジート等。

『Love (ラブ)』(2016)

netflix_love2000年以降のコメディといえば、ジャド・アパトーってくらいの活躍をしてきている監督ですが、ついにNetflixでオリジナルシリーズを作ってくれます!タッグを組むのがアパトーも製作に関わっているHBOシリーズ『Girls/ガールズ』で脚本を努めるレスリー・アーリン。主演はコミカレのジリアン・ジェイコブスポール・ラスト。二人がカップルを演じるラブコメになるそうです。

『Strange Things (ストレンジ・シングス)』(2016)

netflix_wynona万引き事件でゴシップ誌を賑わしてから、あまり映画では見ることのなくなってしまったウィノナ・ライダーを主演に迎えたスリラー作品。彼女が演じるのは息子が行方不明になってしまったシングルマザーです。

『Flaked (フレイクド) 』(2016)

willarnett_netflix日本版Netflixでも見ることのできる『ボージャック・ホースマン』で主人公の声を担当しているコメディ俳優ウィル・アーネットと今作の製作者ミッチ・ハーウィッツ。この2人は以前『Arrested Development 』(日本でもブルース一家は大暴走という邦題で放送?)という作品でもタッグを組んでいます。

しかし、このドラマはFOXで放送されるも3シリーズで打ち切り。ジェイソン・ベイトマンやまだ子供だったマイケル・セラなど豪華な出演者&民放にしてはレベルの高い笑いを提供していたことから、カルト的な存在に。その後、Netflixオリジナルシリーズとして続編が配信されているとい経緯があります。

この2作品に続き、このコンビが3作目としてタッグを組むこととなるのがこの『Flaked』です。カリフォルニア州ベニスビーチで家具屋を営む主人公が親友が恋をしている女性に惚れてしまうコメディだそうです。

『Fuller House (フラー・ハウス)』(2016)

Netflix-Fuller-House-Logo

最後に忘れちゃいけないのが、フルハウスの続編こと、『Fuller House』です。子供の時なんとなくNHKをつけて、なんとなーく観てた作品が大人になって復活だなんて!!オルセン姉妹の出演はこのままだとなさそうなのが残念ですが、懐かしのシリーズなので今から楽しみです!

今回ご紹介した作品はあくまでアメリカ版Netflixでの配信予定ではありますが、オリジナルコンテンツに関しては世界中でほぼ同時に公開してきています。そのため、日本でも同時期に見れると嬉しいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったらソーシャルメディアでのシェアをお願いします!ツイッターは@this_calilifeまで!

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top