This California Life

実話が原作の恐ろしい女性刑務所ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』

日本でもHuluなどのオンラインストリーミングサービスがやっとポピュラーになってきましたがアメリカのサービスNetflixで、またもや話題となるドラマが誕生。imdbでの評価は8.7とかなりの高評価。

Orange-is-the-new-Black

まず、このNetlixですが私がLAに学生として住んでいた時は郵送レンタル&いくつかストリーミングでも見れるよ程度だったんだよね。

それが、最近ではカルト的人気を誇りながらも終了した『Arrested Development』の新シーズンをTVではなく、Netflixのみで配信というすごいことをしてしまっていたのです。

そして7月はじめに配信されたのがこちらが『Orange Is The New Black』になります。クリエーターが『Weeds~ママの秘密』のJenji Kohanとだけあり、超ダーク… 一話目から衝撃。

ストーリー

婚約し幸せいっぱいのパイパーと彼氏のラリー。実はパイパーは10年ほど前は同性愛者でドラッグの運び屋をしている彼女がいたのです。大昔のことだと思っていたらその元彼女が捕まり、パイパーも刑務所行きとなってしまいます。1年弱だからと自ら車で刑務所へ向かいますが、入ってみるとそこはとんでもない場所で・・・というお話。

さっそく初日からひょんな一言がきっかけで食堂のボスであるロシア人のおばさんに目の敵にされてしまい、特別に用意したの、と渡された食事がマフィンに使用済みのあるもの(強烈すぎて書けません)がはさんであるのを出され、それからは一切食事を与えられなくなってしまいます。初っ端から大ピンチ。飢えてやせ細って死ねばとか普通に言われちゃうし。怖いよ。ほんと。手助けしてくれていい人だと思った相手が実はパイパーに気があり・・・とかもう強烈。力では勝てないパイパーは頭を使いここでの生きる道を探っていきますが、どうなることやら。

キャストは?

Netflix-sets-Orange-is-the-New-Black-premiere.jpg
パイパー演じるのはテイラー・シリングというまだ出演作もまだ数少ない女優さんです。そして、ムショ行きの彼女を支える彼を演じるのは私の世代には懐かしいジェイソン・ビッグズ。ちなみに刑務所の部屋仲間に同じくアメリカン・パイナターシャ・リオンも出ていておって感じ。普通にしてても囚人っぽいしw

Orange_is_the_New_Black_13673319871444.jpg
重要な役となるパイパーの元彼女のアレックスが、海外ドラマファンにはお馴染みThat’s 70s Showのローラ・プレポン。ブロンドのイメージが強いんだけどダークヘアも披露。

image.jpg
パイパーの地獄のような監獄生活はもちろんだけど、周りの囚人たちがなぜ刑務所に入ることになったのかとかもドラマチックに描かれていてホントに目が離せないんです。毎回マジでーーーーうっそーー的な終わりで一話が締めくくられるのもうまいなぁって感じだし。

TV放送とは違いまずシーズン全部を一気に配信してしまっているのもすごいですよね。待たなくていい。そこまで有名どころのキャストではないが、なんといってもほっんとに先が気になる脚本が素晴らしい。これからの時代、ストリーミングサービスが主流…と言われていますが、こんなにレベルの高いドラマが出てくるということはほんとにそうなっちゃうんじゃないのと思わずにいられないですねぇ。

日本ではAmazonで輸入盤DVDが出てます!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top