This California Life

ジェームス・フランコの小説【Palo Alto】が原作の青春映画予告編公開。

北カリフォルニアのとある町

ジェームス・フランコの小説デビュー作品【Palo Alto】は私がバンクーバーに住んでいた時に発売になったのですが、当時このPalo Altoという地名に縁がありまして…

そもそもPalo Altoってどこかっていうと、サンフランシスコから南へ30分くらい行ったところにある町です。なにで有名かというと、スティーブ・ジョブスの家があること、スタンフォード大学があること、そしてジェームス・フランコの出身地であることってくらいかな。近くにはGoogle本社やAppleの本社もあって要はシリコンバレーと呼ばれるエリアの一部です。

で、なぜ私がこの町に縁があったかというと、ただ単にこの町に住む遠距離恋愛をしていた彼がいたのです。その時はバンクーバーとカリフォルニアだったから時差もないし飛行機ですぐだったので続いてましたが結局別れてしまったんですが。なので、少しですがPalo Altoに住んでいたこともあり、思い出深い場所でもあります。ちなみにその彼はジェームス・フランコと同じ高校に通っていました。

そんな私のくだらない個人的な思い出話しはいいとして、やはり映画化されましたね、この小説。しかもおしゃれな青春モノに仕上がっていてだいぶ好み!!!

キャストにも注目

ジェームス・フランコはもちろん、主演はエマ・ロバーツってことで彼女ほんとここ4〜5年の青春作品には欠かせない人材になってますね。大人も同年代も惑わせてしまう魅力あり。プリティ・リトル・ライアーズでお馴染みのキーガン・アレンも出てますね。

ソフィア・コッポラみたいな雰囲気だしてるなぁと思ったら。監督&脚本は姪っ子のジア・コッポラでしたよ!びっくりー!アメリカでは8月29日公開予定です。

同じくPalo Altoを舞台にした作品といえば

評価は全く高くない作品ですが、個人的には好きだったパロアルト・グラフィティっていう映画もあります。アメリカン・グラフィティに無理やりくっつけた邦題が気に食わないですがね。日本版のジャケットはコメディ路線だけど、ほんとはそんなことないのになぁ。ジャケットで損してると思います。

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top