This California Life

日本未公開映画:【Quinceanera】LAに住むメキシコ系アメリカ人の女の子を通し移民問題やカトリックについて学べる作品。

Quinceanera (2006)

quinceanera_poster

Sponsored Links

 

Photo Credit : Sony Pictures Classics

ストーリー

舞台はLA、エコパーク。メキシコ系アメリカ人のMagdalenaはもうすぐで15歳。メキシコの伝統で15歳になると行なうお祝いのQuinceaneraに向けパーティーの計画を立てている最中。そんな時、彼女は妊娠していることが発覚。熱心なカトリック教徒の家庭で育った彼女は家を追い出され年老いた叔父とゲイである兄と暮らすことになる。

感想

題名にもなっているQuinceaneraとはメキシコの伝統的行事で15歳になる女の子を祝福すること。そんなQuinceaneraが控えているMagdalenaはロサンゼルス、エコ・パークに住むメキシコ系の女の子。カトリック教徒の多いメキシコ人だけど、もちろん彼女の家族も熱心なカトリック教徒で父親は牧師まで勤めているから未婚でしかも14歳で妊娠なんてありえるはずがなく父親に家を追い出されてしまう。

Sponsored Links

兄はギャングのメンバーで実家に出入りするのもいい顔をされず叔父と一緒に暮らしていて、たまたま引っ越してきたゲイカップルに誘われたパーティーで自らゲイへ仲間入り。

叔父はメキシコからアメリカへ移住してきてずっと独身。毎日メキシコのスープをスーパーマーケットのカートに入れ歩きながら近所で売るのが日課。

そんな3人の同居生活を淡々と描いているんだけど、メキシコ移民の立場やゲイカップル、カトリック教徒であること、聖母マリアの処女懐妊など興味深いテーマがたくさん盛り込んであり最後まで目が離せない作品でした。

 

Emily Rios
Jesse Garcia
David W. Ross
Araceli Guzman-Rico
Jesus Castanos-Chima
監督:Richard Glatzer, Wash Westmorland

アメリカ 2006年
★★★★★
ドラマ

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top