This California Life

『Red Flag』海外ドラマGirlsのアレックス・カルポスキー監督作品

Red Flag (2012) 日本未公開

redflag_2012

ストーリー

長年付き合った彼女レイチェルにフラれ、一人で自分が撮った映画の上映会のためにアメリカ各地を周るロードトリップに出たアレックス。上映後のサイン会で知り合った女性と意気投合しそのまま一夜を過ごしてしまいます。そのあとも、旅を続けますが途中で子供向けの絵本作家をしている古くからの友人ヘンリーが合流し2人旅に。次の会場では、一夜を共にしたリバーがアレックスを追ってきていました。レイチェルと別れたことを告げていなかったため、リバーと関係があったとヘンリーには言えないまま。ヘンリーはそのことを知らずリバーに夢中になってしまい3人での微妙なロードトリップがはじまります…

感想

レナ・ダナムの初監督作品『Tiny Furniture』『Girls』ではレイを演じているアレックス・カルポスキーが脚本、監督、主演をつとめた2012年のインディーズ映画。無名の俳優を使い、アドリブなんじゃないのかっていう日常会話だけで進められるストーリーはマンブルコア映画としてもジャンル分けできますね。

Sponsored Links

おもしろいことに、主役の超自己中のダメ男は監督と同じ名前のアレックス。インタビューを読んでみると、彼自身を反映させ(あそこまで自己中ではないそうですが)たキャラクターになっています。ダメ男な自分自身を演じるという方法はスタンドアップコメディアンの によるコメディ映画『Sleep Walk With Me』と似てますね。あちらも、結婚を迫られている彼女を置いてコメディショーに出演するためにアメリカをロードトリップする話でしたし。

結局、悪いことをすると全部自分に返ってくるんだよというものなんですが、あのハチャメチャっぷりにはさすがにかわいそうになってしまいましたね。 『Girls』のレイでも、そういうところのあるキャラクターですしねぇ。このいかにもダメ男な見た目からも伝わってきますよね。彼はずっとこういう役をやっていくのかなーとついつい考えてしまいました。

 

アレックス・カルポスキー
ジェニファー・プレディヘル
オヌル・タケル
監督:アレックス・カルポスキー

IMDbでの評価:5.2 / 10

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top