This California Life

『アリスのままで』ジュリアン・ムーアの代表作になりそうなほどの出来!

Still Alice アリスのままで (2014) アメリカ

stillalice

 

ストーリー

若年性アルツハイマーと診断された50歳の女性アリスが記憶を失っていく日々をつづり、全米ベストセラーとなった小説「静かなるアリス」を、ジュリアン・ムーア主演で映画化。ニューヨーク、コロンビア大学で教鞭をとる50歳の言語学者アリスは、講義中に言葉が思い出せなくなったり、ジョギング中に自宅までの道がわからなくなるといった事態が続く。やがて若年性アルツハイマー症と診断され、家族の介護もむなしく、アリスの記憶や知識は日々薄れていく。そんなある日、アリスは記憶が薄れる前に自らパソコンに残したビデオメッセージを発見し、自分が自分でいられるために、画面の中の自分が語ることを実行しようとする。@eiga.com

感想

去年のトロント国際映画祭でワールドプレミアが公開されてから、ゴールデングローブそして、このままオスカーも確実といわれているジュリアン・ムーアの新作です。これでノミネートされれば彼女にとって5度目になりますね。若年性アルツハイマーにかかってしまったアリスを演じている彼女。時が過ぎるにつれ、過去の記憶をなくしていきますが、彼女のスピリットまではなくしてしまわないよう、病気を知らされてから様々なことを将来の記憶をなくした自分へ残していきます。スマホに”長女の名前は?” “家の番地は?”といった質問を書き込んで毎日答えていくんだけど、これが答えラなくなったらこうしてね、と。頭の良いアリスだけあってなるほどーと関心してしまうんですが、ものすごく悲しいです。『死ぬまでにしたい10のこと』を少し思い出しました。

日本でもこの春公開予定なので、ネタバレは避けます。

どんどん自分のことがわからなくなってしまうアリスと、彼女を懸命に支える家族たち。間違いなく、ジュリアン・ムーアの代表作として語られる作品でしょう。旦那を演じたアレック・ボールドウィンはジュリアン・ムーアが願ってのキャスティングになったそうです。監督のリチャード・グラツァーはLAに住むメキシコ系アメリカ人の青春映画『Quinceañera』(2005)を撮っています。

オスカーの行方が楽しみですね!

 

ジュリアン・ムーア
アレック・ボールドウィン
ケイト・ボスワース
クリステン・スチュワート
監督:チャード・グラツァー

IMDbでの評価:7.1

★★★★☆

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top