This California Life

ビーチボーイズ伝記からLGBTまで!2015年SXSWの注目映画

2015年は3月13日から開始のSXSW

アカデミー賞も終わり、これからは音楽フェスがどんどんと開かれていく時期に移っていきます!3月にテキサス州オースティンで行われるのがSXSW(South By South West)です。音楽と映画を同時にやっちゃう超coolなフェスなので、アメリカで行われるフェスの中で一番行ってみたいとずーーっと思っています。

昨年2014年にSXSWで注目を浴びた作品といえば、ベル&セバスチャンのスチュワート・マードック初監督作品の『God Help The Girl』や『フランク』、『グランド・ブダペストホテル』や『6才のボクが、大人になるまで』などがありました。

今年は2385作品の中から選ばれた145作品が上映予定ですが、その中から個人的に気になる作品をチェックして5作品に絞ってみました!

1. Trainwreck

待ちに待ってたジャド・アパトーの新作!幼いころ父親に言われたせいで、結婚も愛も一人の人だけと付き合うということを信じていない女性がはじめていい人に出会ってしまって、どうしてよいかわからん!というコメディ。普通こういう役は男性なのが、女性にしちゃったところがさすが!ビル・ヘイダーは彼女をデートに誘う医者役です。

2. Fresno

カリフォルニア州の田舎町フレズノでホテルのメイドとして暮らす姉妹。セックス中毒のリハビリ施設から出てきた姉と、やたらとプラス思考なレズビアンの妹。そんな二人が殺人に関わってしまうお話です。ジュディ・グリアナターシャ・リオン主演。監督は1999年のLGBT映画『Go Go チアーズ』を手掛けたジェイミー・バビット

Sponsored Links

fresnoposter

Sponsored Links

3. Ex Machina

『28日後』の脚本を手掛けたアレックス・ガーランドが監督。美しいAndroidと人間の三角関係を描いたSF作品。主演のドーナル・グリーソンはフランクやハリー・ポッターシリーズでお馴染みのアイルランド出身の俳優。

4. Love and Mercy

ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンの伝記映画ですね。これはすごく楽しみにしていました!ポール・ダノとジョン・キューザックが年代の違うブライアンを演じます。監督は『ツリー・オブ・ライフ』のビル・ポーラッド。洋楽が好きな父親の影響でThe Beach Boysは子供の頃から聴いているので、予告だけでワクワクします!

 

5. Twinsisters

こちらのドキュメンタリーは、一年ほど前にこちらのブログでも取り上げていました(映画みたい!Youtubeがきっかけで自分は双子だと知り再会したLAとロンドン在住の姉妹)が、無事Kickstarterで資金集めが出来て映画化に!しかも今年のSXSWで上映されます。

と、こんな感じですが日本で見れるようになるのは来年でしょうか… 今年のSXSWからも目が離せません!

 

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top