This California Life

『博士と彼女のセオリー』天才と彼の愛したジェーン: 二人で歩んだ人生とは

The Theory of Everything (博士と彼女のセオリー) 2014年 イギリス

image

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーン・ホーキングとの愛情を描いたヒューマンドラマ。ジェーンが記した自伝を原作に、ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督をメガホンをとった。ホーキング博士役に「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメイン、ジェーン役に「アメイジング・スパイダーマン2」のフェリシティ・ジョーンズ。物理学の天才として将来を期待される青年スティーブン・ホーキングは、ケンブリッジ大学在学中、詩を学ぶ女性ジェーンと出会い、恋に落ちる。しかし、直後にスティーブンはALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。余命2年の宣告を受けてしまう。それでもジェーンはスティーブンと共に生きることを決め、2人は力を合わせて難病に立ち向かっていく。@eiga.com

感想

車いすの天才科学者スティーヴン・ホーキング博士と元妻のジェーン・ワイルドの壮絶な人生のストーリー。余命2年と宣告されてからジェーンに支えられ、研究者として成功するまでを追ったものです。ホーキング博士という天才を描いた映画ではありながら、メインは彼と愛した元妻とのラブストーリーなので、ホーキング博士をあまり知らないという人でも感動出来る作品であることは間違いないです。自分の人生はなんて平凡でつまらないんだろうと思ってしまうほど… こんなすごい人の人生を学ぶことができたこの作品に感謝したいです!

主演の二人の演技も、もちろんオスカーノミネートされるだけあり完璧でしたね。特にエディ・レッドメインはホーキング博士の病気の進行にあわせた演技ということもあり、本当に勉強をしたんだなというのが伝わってくる素晴らしいものでした。話し方から仕草、自分の声で話すことができなくなってからも顔の表情など、とにかくホーキング博士になりきっていたと思います。

また、Cinematographyと監督賞にノミネートされていないのがとても不思議なほど、撮影テクニックも素晴らしかったです。ホーキング博士のセオリーを映像で表現(サークルを描くシーンが色々なところで使われていました)していたことには脱帽モノ。また、自然と涙が出てきてしまうラストシーンもうまかったですねー。

エディ・レッドメイン
フェリシティ・ジョーン
エミリー・ワトソン
チャーリー・コックス
監督:ジェームズ・マーシュ

IMDbでの評価:7.8/10

こちらジェーンが描いた伝記が原作となっています。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top