This California Life

フロリダにヴェルサイユ宮殿を真似した豪邸を建てようとした大金持ちがリーマン・ショックで貧乏になるまでを追ったドキュメンタリー『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』

The Queen of the Versailles / クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落 (2012)

The Queen of Versailles

Sponsored Links

ストーリー

総面積9万平方フィートの土地にヴェルサイユ宮殿を模したアメリカ最大級の邸宅を建設していたジャッキーとデビッド。世界最大のタイムシェア企業を経営していた2人だが、経済不況で生活が一変してしまう。

感想

サンダンス映画祭で最優秀監督賞受賞。

見る前はどうせ金目当てで結婚したバカ女がベルサイユ宮殿の真似して豪邸建てようとしてるイライラするだけの映画なんでしょ、て思ってたんですが全く違う意味で予想を裏切られたわー。

まず、金目当てで何も出来ないと思ってたジャッキーですが、そんなことありません。偏見持っててごめんないってくらいちゃんとしてる人(に見えたよ、私には)でした。決して裕福とは言えない家庭で育ったけど、ちゃんと将来を見据えてコンピューターを勉強。IBMに就職までしてたし。最初に結婚した人からはひどい暴力をふられ離婚をしているのですが、美人だったことからミスフロリダになりモデル業をし、そういったときに旦那で世界一大きなタイムシェアの会社を持っているデビットと出会い結婚。30歳も年が離れているので、なかなか恋に落ちるまで時間がかかったけどと言ってたけど、7人の子供がいる大家族でもあります。

Sponsored Links

既に超豪邸に住んでいるんだけれど、ジャッキーの憧れであるベルサイユ宮殿をモデルにしたアメリカで一番大きな家を建てている途中。ディズニーワールドよりでかい、とにかく巨大な家になる予定だったとき、リーマンショックで全てを手放さなくてはならない状況にまで追い詰められてしまう。なんとか今住んでいる家だけはキープしようと偽ベルサイユ宮殿を売りに出すんだけど、まだ完成してもいないうえ、完成させるためにまた7億かかる家に大不況の中買える人などいるはずもなく・・・従業員を解雇し、ジェット機も手放し、しまいにはウォルマートで買い物をする始末。7人もいるまだほとんどが小さい子どもたちには大学に行かせるお金はないわね、とさらっと語るジャッキー。

アメリカで一番大きな家を建てようとしているバカな大金持ちの映画、で始まっていたはずが不況の波に飲まれてしまう大富豪という作品に結果的になってしまった今作品。すごく見応えがあって、撮っていた監督ラッキーだったと思います。

日本公開8月16日 (がんちゃん様、情報ありがとうございました!)

監督:ローレン・グリーンフィールド

アメリカ 2012年
★★★★☆
ドキュメンタリー

IMDbでの評価:7/10

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. がんちゃん

    夏に公開決定しましたね

    • がんちゃん様、本当ですね!ありがとうございます。さっそく邦題と日本公開日を追加させて頂きました。

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top