This California Life

2016年新作海外ドラマ『This Is Us』誰も予想できなかった展開が超話題!

秋といえば、アメリカで次々と新番組が開始される季節ですが、予告編が公開されてからYoutubeでの再生回数が半端ないということで既に話題になっていたNBCの『This Is Us』。予告の時点ですでに傑作のにおいがプンプンしていたんですよね。
This Is Us 海外ドラマ

This Is Us @ NBC

Sponsored Links
というのも、まずは主役が豪華!歌手としてよりも『ウォーク・トゥ・リメンバー』の印象が強く残っているマンディ・ムーアに『HEROES』のピーターことマイロ・ヴィンティミリア。あとは、『ヤング・スーパーマン』とかに出演していたジャスティン・ハートリーも出てます。

 

そして、注目してほしいのがクリエーターです。ライアン・ゴスリングとエマ・ストーンがかわいかった『ラブ・アゲイン』の脚本を担当していたダン・フォーゲルマンなんですよ。あの映画と言えば、えっここで繋がるの?まさかのびっくり展開に驚かされたわけなんですが、この『This Is Us』もそういった要素が第一話からバッチリ!そう来たかー!これは新しい!と最後の3分でニヤニヤが止まりませんでしたもの。

 

ってわけで、ここからストーリーに触れていくので日本公開(こういうファミリー系は来ないことが多いけど…いまだに『Parenthood』も未公開なんて信じられない!)までびっくりは取っておきたいという人はやめておいてくださいねー。

 

では、フォーカスされる3組の人たちに分けて説明していきましょう。

 

1.ジャック&レベッカ(マイロ・ヴィンティミリア&マンディ・ムーア)

thisisus1
36歳の誕生日の当日、三つ子を出産しようとしているカップル。無事に一人目の男の子が産まれるが、レベッカは気を失いそうになってしまい部屋から出されてしまうジャック。妻と生まれてくる三人の子どもたちの無事を外でじっと待っている。

2.ケヴィン&ケイト(ジャスティン・ハートリー&クリッシー・メッツ)

thisisus3
シットコムの主演をしているケヴィン。演技力を評価されるでもなく、まわりは見た目でしか判断してくれない。そんな状況に嫌気がさし撮影中にブチ切れてしまい俳優生命が危うい状態。そんなケヴィンの妹、ケイトは太りすぎのため自分に自信を持てずにいる。

3.ランドール(スターリング・K・ブラウン)

This Is Us - Season 1
仕事で大成功しており、妻とかわいい娘二人に囲まれて幸せな生活を送るランドール。しかし、生まれてすぐに母親が死亡し、薬物中毒だった父親には消防署に置き去りにされてしまうという辛い過去を抱えている。ようやく自分を捨てた父親を見つけ出し、訪ねたところだったが、なぜか同情してしまい家に招いてしまうのだった。

 

こんな感じです。それぞれのストーリーが別々に展開していきます。そして、キーとなるのがケヴィン、ケイト、ランドール、そしてジャックの4人は誕生日が一緒であること。

 

では、ここで誰もが想像していなかったびっくりな展開を書いちゃいます!

 

実は、ジャック&レベッカだけ1980年代に生きているんです。そして、三つ子を出産しますが、最後の一人は死産。じゃあ無事に生まれた二人は誰でしょう?それが、2のケヴィンとケイトなのです。3のランドールはというと、病院で生まれたばかりのケヴィンとケイトを見守るジャックの目の前にいました。消防署で赤ちゃんを拾ったという男性から話しかけられ、目の前にいたランドールを死産してしまった赤ちゃんのかわりに養子にすることにしたのです。
 
並んでいる3人の赤ちゃんが映った瞬間から、ジャック&レベッカのストーリーが一気に80年代っぽく変わるところは鳥肌立ちましたねー。服装だって、ほらヒップスターっぽいだけかなと思ってたので。まさか、2つの時代背景だったとは!

 

2話目もびっくりな終わり方なので、毎回この調子でサプライズが待ってると思うと楽しみですー。
Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top