This California Life

ジャド・アパトー新作『Trainwreck』恋愛の仕方を知らない遊び人(女)が恋に落ちた!

2012年の『40歳からの家族ケーカク』から3年。ジャド・アパトーの新作映画『Trainwreck (トレインレック) 』。超楽しみにしていましたー。trainwreck_poster

Sponsored Links
今回の主演を務めるのはエイミー・シューマー。見ての通り、決して美人ではありませんが、その普通っぽさが人気の理由でしょうね。スタンドアップコメディアンから、30 RockやGirls/ガールズに出演。2012年から続いているスケッチコメディ番組『Inside Amy Schumer 』(Comedy Centralにて放送)をはじめてから知名度が急上昇しました。

2015年のTIME誌で影響力のある100人の中にも見事ランクイン。今一番ノリに乗っている人であるということには間違いありません。そんなエイミー・シューマーが主演だけではなく、脚本も書いています。お相手になるのは、SNLでおなじみのビル・ヘイダー。彼の説明はいらないでしょう。コメディ映画といえばはずせない俳優さんですから。

あらすじ

浮気性の父親に幼少の頃に言われた「一夫一婦主義なんてありえない!」という言葉通りの大人になってしまったエイミー。一人の男性と付き合うなんて考えられない、ベッドを共にしても絶対に朝まで過ごすことはない、といった彼女なりのルールでカジュアルな関係を楽しんでいる。

ライターの仕事をしているため、密着取材をすることになったスポーツドクターのアーロン。ビジネス上の付き合いとはいえ、勢いで彼ともそういった関係になるが、なぜかアーロンとはルールを無視しそのままお泊りに… 翌朝、デートの電話が掛かってきて焦るエイミー。いつもの自分はこんなはずじゃないのに?どうなっているの?と彼への恋心に気づき付き合うことに。

うまくいっているはずだったが、過去のことやお酒やドラッグをやめられないエイミーにアーロンは段々と疑問を持つようになってしまい… やっとこの人だけとちゃんと付き合う!と思える相手と出会ったのにエイミーの恋はどうなってしまうのでしょうか?

やっぱりジャド・アパトーにはずれはない!

まぁそんなコメディ界では大人気の二人が主役ということ&あのジャド・アパトーってことで、もちろん期待通りのおもしろさ!冒頭のシーンから大爆笑。だってまだ10歳にも満たない娘二人に、持っている人形に例えて浮気を正当化してるんですから。『一生その手に持っている人形でしか遊ぶことができないって言われたらどう思う?たまには、その人形じゃなくて他の人形でも遊びたいでしょ?』って…。

妹のキムは幸せな結婚生活を送っているんですが、エイミーはそんな父親の生き様を見てか、一人の男性と真剣に付き合うことなんてありえないという考えを持っています。今までのラブコメでも、傷つくのが怖いから恋愛に消極的という女性のキャラクターはいっぱいいましたが、『Trainwreck』の何がいいって、開き直って男性と遊びまくっているところです。一晩の相手だと思ってたから次のデートには誘う気なんてなかったよ、とか用事が済んだらさっさと家からは出てってね、なんて態度を取るのって男性ばかりでしたよね?それがこの作品では逆なんですもん。現代の女性っぽくていいと思います。

(どーでもいいけど補足しとくと、彼女みたいな人を日本語だとビッチって言うんでしょうが、英語本来の意味とは違ってますので。こういうときはwhoreやslutですね、英語だと。ビッチなんて普通の会話で使ったら大変なことになりますよ。喧嘩になります。)

でも、そうはいっても彼女だって恋に落ちます。一晩の関係で終わるはずが、いつの間にかカップルに。しかも、お相手は有名バスケットボール選手を担当しているスポーツドクター。なんてラッキーなんでしょう。こんだけ好き勝手遊びまくってたのに、彼氏になった相手は真面目で成功している医者ってどういうことでしょうね。映画とはいえね、軽く嫉妬なわけです。ずるいよ。ここだけ、唯一気に入らなかった点かなー。医者だからうらやましいってとこじゃなくて、二人の出会いからお互い恋に落ちるまでの経緯ってのが全然なかったってところです。まぁ小さなことはあったけど、説得性がなかったです。そこが残念。

ティルダ・スウィントンの化け具合が歴史的

主演の二人だけでも豪華ですが、周りのキャストがすごいです。特にティルダ・スウィントン。この人、普通のキャリアウーマンってイメージ全くないので(普段はヴァンパイアとか雪の女王とか、特殊メイクしたおばあさんとかそういうイメージですよね?)、ほっんと別人!!誰これってくらい別人!すごいです。

tilda_trainwreckあとは、さわやかな職場の男の子だと思ったらやっぱり変態だったエズラ・ミラー。そうですよね、彼が普通の男の子なわけないよなって、とあるシーンで爆笑。やはりエズラは変態が似合います。妹のキムは『ショート・ターム』のブリー・ラーソンだったり、キムの旦那がスタンドアップコメディアンで最近では『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や映画にも出演しまくっているマイク・バービグリアといった豪華キャスト。おっと、忘れちゃいけない!父親役がSNLスターのコリン・クインです。

これが日本公開されなかったら、ほんとに日本の配給会社はどうしちゃってるの?!と思ってしまうこと間違いありません!今すぐ公開すべきです!

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top