This California Life

最後は涙!偽の求人『世界で一番大変な仕事』の目的とは?

目的は?

ボストンの求人の会社がRehtom Inc.という偽の会社の“director of operations”のポジションを新聞やインターネットで募集をしました。この仕事、求められる能力や仕事の内容はとんでもないもので。しかも、給料はナシ

1. 常にほとんど立ちっぱなしで休憩はなし。
2. 常に全力を尽くさなくてはならない
3. 週135時間。常に働いていなくてはならない。
4. 医療、経済、料理法の学士号があること
5. 休暇は一切なし
6. サンクスギビング、クリスマス、お正月も仕事
7. 睡眠を取る時間はなし
8. 給料はゼロ

この仕事の求人は2,700,000回のインプレッションがありましたが、応募してきたのはたったの24人。それもそのはず、内容が過酷すぎですよね。

こちらの記事もおすすめ→Google Glassを使って撮られた母の日の感動的な動画:サンフランシスコ〜インド

そして行われたオンラインでの面接

Sponsored Links

ウェブカメラを使って行われた面接。皆、仕事の内容を聞いて言うのが『狂っているよ!』『合法なわけないじゃん!』ってことでした。だけど、最後まで見ると… 泣きだしてしまう人もいるほど、なるほどーーっとなるオチでしたね。

この下にネタバレ続きますよー。

 

 

で、オチって?

 

 

 

実はこの偽の求人の仕事内容というのは『母親』でした。
オチを知って納得する応募者たち。改めて母親のすごさを見直すきっかけになるちょっとひどいやり方だけど、素敵な企画でした。

今年の母の日は、お母さんにカードを書いてみては?という締めで終わっています。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 


Sponsored Links

ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC

よかったらソーシャルメディアでのシェアをお願いします!

Sponsored Links

アーカイブ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top